ブログとホームページが同時にできちゃうWordPress講座はこちら

   

ブログ記事の文字数のポイント

 

ブログ記事の文字数。

これはのばそうと思えば永遠にのばせる気でいる私。

でも、のばして文字数を稼いだところで、何になりましょう…

おわかりですよね!

忙しいんです、現代の人は。

ブログ記事文字数の最適って何か、考えたいと思います。

ではスタート!

 

考えるのはSEO的なことではない

 

SEO的に何文字が最適なんでしょう?って質問をセミナー等々でも、またいろんなブログ記事でもよく耳にしますし、目に留まります。

 

800文字?

1000文字?

1500文字?

3000文字?

 

結論からいうと、「キーワードによる!」と思います。

ユーザーに質問にスッキリサッパリ答えるとどれくらいになるのかは、書いてみないと分かりません。

 

SEOというと、今は小手先の技などなくて、「コンテンツ重視」。

キーワードによりユーザーの検索意図をくみ取り、質問にたいして忠実に「一次情報として」オリジナルな記事配信がされていると上位表示の可能性は高くなると思います。

わかりやすく伝えることの重要性がますます高まります。

 

 

 

目標はなに?

 

そのブログを運用運営している目的は何でしょう。

その目標って何でしょう。

 

商品を買ってもらうことが目標として、その1ページを読んだことで買ってもらえるってことは無いと考えた方がいいのです。

まだ接触頻度が低いのです。

読者の心情的には、まだ自分に必要ないと思っている状態だと思います。

 

ですから、自分に必要だと思ってもらうために、その商品をいろんなお悩みの解決方法として紹介していく記事を書きながらまずは、興味をもってもらことをします。

 

これは要するに「口説く」ということに似ているかもしれませんね。

 

口説く時にダラダラと口説きますか?

口説かれ上手な私だからわかる!(ウソ笑)

 

口説き文句が、的確でさっぱりスッキリわかりやすく共感を得られて納得できて、メリットだらけ。

更にデメリットがなかったら、故意に?!いや、恋に落ちるわけです。

 

 

口説き文句の文字数って多い方がいい?

 

くどくどだらだら言われたら、おそらく私は

 

「裏がある!!!!」

「キモイ!!!!」

 

と退散すると思います。

 

ということは、長文は好まれない可能性が高い。

 

でも、それもキーワードによるのではないかと思います。

 

 

上位表示されるコツを考えると、文字数は多くなる?

上位表示される手法のひとつとして、

 

「検索した1ページ目の記事を全部読んで、それをまとめて自分の経験をプラスしてオリジナルの記事を書く」

 

というものがあります。

これは私も実証済なので確かな書き方だと思っています。

なぜその書き方をすると検索で上位表示されるかというと、そこに10サイト分の情報が網羅されていてなおかつ、自分発信の情報もプラスされているので、そのページを読めば、他のページを読む必要がなくなるわけです。

 

ということは、基本的に長いってこと?!

長いにもほどがありますが…

 

 

 

どんなキーワードでもいいのか!

 

これが、そのページの目的によるとは思いますが、キーワードには「儲かるキーワード」とそうではなく、「単なる知りたいだけのキーワード」があります。

儲かるキーワードの件はコチラ

 

上位表示をなんでもかんでもされればいいってものでもなくて、自分のサービス(目的)につながるキーワードで上位表示されないと、文字数は何文字が最適か!ということは、めったに言えないのです。

 

ですから最適な文字数が知りたいと思ったら、まずは、自分がどんなキーワードで書こうとしているのかをはっきりさせてから、実際に検索してみるといいと思います。

 

Googleクロームの拡張機能で「かんたん文字数カウント」というのがあります。

今Googleクロームをお使いでしたらここをクリックするだけで拡張機能が追加されます。

 

 

 

文字数を計ってみる

 

キーワードにあわせた検索ページで上位表示されている記事が実際に何文字か計る!

 

ページを開いて、ザ~~~~っと文字を選択する

 

右クリックし、かんたん文字数カウントのメニューをクリックする。

 

文字数が表示される。

 

 

※ただし、テキストのコピー防止のために、コピーガードを貼ってあるサイトもあるので、文字にカーソルが入らない場合もあります。

 

あなたが狙いたいキーワードで検索上位のサイトは何文字でしたか?

それをふまえて、それ以上にした方がいいか、少なくするか。

それは、あなたの「伝える力」にかかっています。

 

 

 

わかりやすい言葉で端的な方がいい

 

一時期は、LP(ランディングページ)も、長ければ長いほど、説得力があっていいとされていました。

 

でも現在では、長いと離脱の元になってしまうので、様々な工夫をして短く効果的なページ作りが求められていると思います。

 

テキストを読んでいる暇はないのです。

パッと見て、ハッと気づいて、さっと「買う」、「問い合わせる」、「資料請求する」。

そんな流れになってきているようです。

 

 

 

文章を短くするコツ

 

画像に文字を入れて一瞬で魅せる!

これが早いらしい。(効果測定はしていませんが)

 

ある意味、アイキャッチ画像ってそういう役割ですね。

 

記事として在るか、読み物として在りたいか。

 

あなたの目的にあわせて、キーワードを選び、実際に検索し、表示されたページの文字数からそのキーワードにあった最適な文字数を見つける。

 

こういった答えで、ご納得いただけたでしょうか?

 

 

レッツ キーワード選び!

 

レッツ 文字数カウント!

 

 

この記事!
いいねしてくれたらうれしいです!

The following two tabs change content below.
miyagishima hitomi
4人の子育てしつつ、2人の孫も育て中。 Webがわかる・デザインができる・ブログを楽しむオンライン式「ピクニック365カフェ」として、2018年4月再生! そして、小学校PTA事務も継続中。 アクセスバーズ™プラクティショナーとしても活動中! パソコンWEB大好き~!WordPress大好き~♡
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です