2017/05/12

静岡発!ピクニックに行こう!が合言葉。ピクニック365カフェがこども食堂を実現できる理由

 
静岡発!ピクニックに行こう!が合言葉。ピクニック365カフェがこども食堂を実現できる理由

ハイ!

ピクニック365カフェのひとみおばあちゃんです(笑)

 

先日、静岡のローカルですが「静岡だいいちテレビ」の方から取材の申し込みがありました。

なぜ「静岡だいいちテレビ」かというと、お分かりの方もいるかもしれません。

母子家庭の現状の生活について、2回も特集を組んでいただいたことがあります。

何で私が選ばれてしまったのかを話すと、超長くなるので割愛します。(;´∀`)

当時、在宅で働く「フリーランス」のWebデザイナーという働き方が新しいということと、更にPTA事務の掛け持ちで、母子家庭を支える経済的な現状についての2回、密着していただきました。

ブログでもお伝えしていますように、正直にお話ししてしまう性格が都合いいのではないかと察するところです。

他にそんな人いないんでしょうね(;´∀`)いないでしょうよ・・・まあ、そんな密な関係性でいたにも関わらず何年か放置された私たち家族ですが、今回「ピクニック365カフェ」立ち上げの時というナイスなタイミングでの依頼。

それは何かというと。

こども食堂のこと。

「え~、私がやりたいってこと知ってたの~」

って聞くと

「いや、そうじゃなくて・・・カクカク云々」

 

取材の様子は後々お伝えしていくとして。

今回も母子家庭代表、「おけ!」ってことで引き受けました。

 

また懲りずに(-_-;)

 

知っている人も知らない人もぜひ巻き込まれてくだしゃんせ。

 

 

今話題の子ども食堂とは

 

テレビが切り込みたいキーワードはおそらく「孤食のこどもたち」「こども食堂」「要支援」そんな感じと。

ここで、こども食堂とは、どんなことかおさらい。

 

こんな風に始まっていますが。。。

子どもの貧困広がるこども食堂

 

私のウチはご存知の通り母子でやってますので、要支援(;´∀`)

今はなんとか、もやしと卵と豆腐以外にもたくさん食材を使えるようになりましたが、ほんとに困っていた時に近くにそういう「こども食堂」があったなら、間違いなくパーフェクト賞で通っていたでしょうね。

幸い子どもの人数は多いので、ひとりでさみしく食べるという状況はなく、私も一緒に食卓を囲むように気をつけています。

私はおそらく特別に図々しいので、「困ってま~す!」って手を上げることができます。

あなたが、母子家庭のお母さんだったら、背中に「私は母子家庭の母です。」って張り紙張って歩けますか?

 

無理です、きっと。

 

私もホントは嫌です!

 

だから、絶対子ども食堂の定義が「支援の必要な方のための食堂」だったら、閑古鳥が鳴きます。

今話題になっているこども食堂は、おそらくそういった心の声を反映しているのか、もっと優しい誰でも気軽に・・になってきていると思います。

 

私たちが進めたい「こども食堂」は、大勢で夕飯を囲む経験。

そこにたくさんの人に来てもらってから、支援につながることが見つかれば、全力で多方面とつなぐ。

 

これから「ピクニック365カフェ」という事業を立ち上げますが、決してお金持ちではないし、これまでの団地生活をしていくつもりだし。

 

こども食堂に、安く食べに行きたいし、作るのを楽しみたいし、地域にお友達つくりたいし・・で、行ってみるのが早い!という結論。

 

ブログのお友達のルージュさんは横浜で、早くからこども食堂をされていて。

静岡横浜なんて東名で2時間ちょっとだから近い近~いって言っても、さすがに平日の移動は難しく。(いつか必ずお手伝いに行く!宣言!)

ルージュさんの取り組みもほんとに頭が下がります。

ルージュさんのブログ

 

そんな矢先、これもまた、お友達で、現在Webコミュニティ【ゆるピク】のメンバーでもある絵里ちゃんが「うちの近くでこども食堂やってるよ~というから、先日お手伝いしながら実際のこども食堂を見てきました。

 

◇スポンサードリンク◇

 

大学生が運営した「くさなぎ子ども食堂」へお手伝いに行ってきた

 

7月の開催は第5回目だそうで、運営の中心は、社会人1年生のみゆきさん。

彼女が静岡の大学4年の時に「くさなきこども食堂」を立ち上げて、卒業と同時に一旦終了したけれど、やっぱり続けたいということで6月から再始動。

若いエネルギーにふれ、おばあちゃん大感激!

 

当日の日程は4時集合(食材買い出し・調理器具や食器の支度)

5時から調理開始で子どもたちもやってきた。

宿題を持って来たり絵をかいたり、折り紙したり、自由な空間。

 

なるべく大人が指導しないという体で、子ども達と共同作業の末、作ったメニューはこれ。

  1. マーボなす
  2. トマトときゅうりの酢の物
  3. もやしと卵の中華スープ
  4. ライス

農家のお友達がお野菜をコラショと持っていてくれて野菜を贅沢に使いました。

 

子ども達と一緒に作るのはとても楽しい時間でした。

7時過ぎには片付けながら、お話しして8時には解散。

子どもだけで来ているので、帰りの心配もして・・と、気を配っていました。

 

くさなぎこども食堂

 

 

何かをやるには資金調達まで考えて。

 

私の熱意と想いだけでピクニック365カフェの設備の融資実行まで運びました。

何かをやり遂げるにはお金が大切ということが身に染みています。

実際にくさなぎこども食堂をお手伝いして、長く続けていくにはどうしたらいいだろうと言うことを思いました。

ちなみにその日は静岡市の市の女性職員の方も立ち寄られて、こども食堂を学んでおられました。

 

・・・三保で親子カフェをオープンしつつ、その場所を使ってこども食堂をやりたいのでお手伝いにきたこと。

そして若い人の挑戦も応援したくて・・・

 

そんなお話をさせてもらいつつ、清水には少ないので盛んにおこなわれるようになるといい・・と、簡単にお話しされていました。

 

が、言うは易く!で、実行するにはお金がかかるんです!

 

サクッと応援してくれる行政の方、希望!

 

そして8時解散してそれと同時に思ったことは、これは、どこでも誰でもできる仕組み作りができる!と思ったのでした。

それが実現可能だと思ったのは、ピクニック365カフェをゆるりと歩くスペシャルなコミュニティ、略して【ゆるピク】の存在があったからです。

 

 

Webコミュニティ【ゆるピク】を有料にしたわけ

 

Webのお仕事をしていると、どうしてもネットに張り付いて情報を見聞きすることが多いので、いつものように流し読みしていて、たしかこんな内容。

 

世の中の善良な人はボランティアしたいと思っている。

思っているんだけど、その方法がわからない。

だからそれが見つけられない人は募金することで貢献できたと満足できる・・・

 

ような記事があってなるほどな!と思って。

私もそのボランティア活動のために、しょっちゅう時間を作れるわけではないけれど、いつも役に立ちたいと思って行動しています。

 

全員が役に立ちたいと思っている人だとは決めてしまうのはいけないけれど、絶対いるに違いない!!←決めつけてる(笑)

 

このなかなか埋められない気持ちをどうにかできないものかと考えて立ち上げたのが、Webコミュニティ【ゆるピク】なんです。

 

いま私は、お母さんと子どもたちを甘やかすことではなく、ちゃんと立ち上がれる強さをもって自分らしい人生を送るお手伝いをしたい!と思っています。

私も子どもたちにちゃんと食べさせることができなかった時があるから、まずは、「こども食堂」。

切ない思いをするお母さんが減るようにするには、コミュニティが絶対必要と。

無料のコミュニティでは限界があるので、毎月1,000円会費でどこまでできるか挑戦中。

 

繰り返しますが、『保守王国静岡』で、できるのか!ってそれも挑戦中。

 

ってか、まだ始まってもいない。(;´∀`)

 

 

 

ボランティアは儲けてからだ!という経営の師匠のことば

 

自分の夢を実現しようと、息巻いていても情熱だけで回りません。

知らないことが多すぎる!ってことで、経営の勉強会に行ってます。

いろいろ回るとブレそうなので信頼する井上香織税理士さんのお勉強会のみ参加。

藤枝まで通ってます、車でぶっ飛ばして1時間強。

静岡から毎回行っている甲斐があります。

そこで、さらにすんごい先生の面白いお話しを自分用に落とし込んでいるのですが、一番最初の言葉がすごい。

 

自分のビジネスの原点→

自分が幸せになりたい→

みんなを幸せにしてあげたい→

ボランティアする→

自分が苦しくなる・・・

 

途中、「ボランティアする」の前に「稼ぐ」をちゃんとマネタイズしておかないと、苦しくなるということに、私は気づかなかったので。

 

「ガビーーーーん!!( ̄▽ ̄;)」

 

で、気持ちを入れ替えて、ちゃんと稼いでボランティアする!と決めました。

 

ボランティアは美しいけれど、苦しくなっては本末転倒。

 

 

実際のゆるピクのお顔合わせで聞かれることば

 

Webコミュニティ【ゆるピク】にお問合せをいただいている方が口を揃えて言う言葉。

 

それは、「お役に立てることがあれば」ということ。

 

お話をさせていただくと、それまで大変な苦労の中で子育てされてきている現実がありました。

 

私もピクニック365カフェは「あの子」を喜ばせたいそんな気持ちもベースにあります。

あの子とは

あの子=子育てに悪戦苦闘していたあの頃の私の気持ちを満足にしたい。

癒してあげたい。。

でもそう思っているのは、私だけではなかったんだ!と。

それがわかると、奥歯をぎゅっとかみしめるような感情がこみ上げてきます。

 

あの時のあの感情を埋めるために、何かしたい!と思って【ゆるピク】に参加を希望される方も少なくありません。

 

また先にもお話ししてありますが、何かを継続してやろうとするのには、お金がかかります。

どうやって資金調達をするのか悩むところでした。

もともとの案では、ピクニック365カフェの特典も考えていました。

いろんなお母さんと話をしていった時に、こども食堂の運営費用のためにということに賛同いただけたので、毎月いただく1,000円の会費のおかげで「絶対できる!」といえることが嬉しい。

もちろんいろんな特典を・・・自分たちで考えだしていきたいと思います。

 

 

ゆるピクのできることは無限大

 

実際の運営は、ピクニック365カフェの営業が落ち着いてから・・・と思っていました。

しかし、世の中の「困った!」に「待った!」はありません。

幸い、Webコミュニティ【ゆるピク】のメンバーの皆さんはホントの勇者!タッタラー♪←って経験値アップしまくりの方がほとんど(*´ω`)

 

打てば響く!

 

そんな勇気のある方ばかり。

こちらも同時並行していってみよう!と思います。

 

そう!

 

体制が整うのを待っていたら一生できそうもないので、母さんの力を最大発揮できる舞台を用意します。

 

私は今、小学校のPTA事務という仕事も並行してやっていますが、そういった意味では最強の並行感覚の持ち主(笑)

へいこう違いですかね(笑)

ま、冗談はさておき。

勤務先の小学校の教頭先生とはよくお話しします。

教頭はこんな言葉をかけてくれました。

 

「ここにくれば、お母さんの安心の場所があって、困った事の解決策があるっていいね。子育てに関することが一度に済んでしまえば、お母さんたちがきっと喜んでくれるね!」

 

そんな無限大の可能性を秘めたピクニック365カフェと、それに連動する「こども食堂」を実現させたいWebコミュニティ【ゆるぴく】なのです。

静岡発!「ピクニックに行こう!」それを合言葉に、差別化ではないワクワクする「こども食堂」ができると確信しています。

 

 

ピクニック365カフェとWebコミュニティ【ゆるピク】のこれからのこと。

 

ピクニック365カフェは、親子カフェというカテゴリーですが、ちょっと違う。

三世代でも楽しめる!

そして、

Webコミュニティ【ゆるピク】があることで、誰かの困った!を解決できる可能性が無限大にあることがピクニック365カフェの魅力です。

 

 

 

【終了】①8月25日(9:00~12:00)カフェの外壁ペンキ塗りイベント

 

 

色のセレクトは、カラーのスペシャリスト「宏美先生」にお願いしました!

 

ペンキイベント

 

 

【終了】②8月16日(9:00~15:00)手作りおもちゃ「遊月」絵里ちゃん指導のもと、虫くんを山盛り作るイベント

 

私が大好きな「虫くん」

室内遊びスペースに「虫くんプール」を作るんだい!!ってわがままを、同じWebコミュニティ【ゆるピク】メンバーの遊月の絵里ちゃんが叶えてくれます(*´▽`*)

みんなでちくちく作りました~(*´ω`)

 

虫くんパレード

 

 

【終了】③9月4日プレオープン&プレオープン記念イベント「夢を語ろう座談会」

 

 

子どもの頃の夢や今の夢をみんなでシェアして、オメメをキラ☆キラさせて、明日からの活力にしてもらいたい!と「夢を語ろう座談会」を記念イベント。

 

 

【無事オープン】④9月19日10時からグランドオープン・・・

 

いよいよ、敬老の日は、おばあちゃん!私の日(笑)

グランドオープン。

 

整理収納術や、社交ダンスのイベントを行いました。

遠くからもお越し頂き感動の嵐の一日をありがとうございました。

 

・・・・・・・・・

毎月「楽しいパレード!」(=楽しいイベントのことをピクニック365カフェではパレード!と呼びます!)を考えていきます。

 

Webコミュニティ【ゆるピク】の中で先行申し込み受付後、Facebookページや、ピクニック365カフェホームページで申し込み受付を設置していきますね。

 

突然発生する、超短期のパレード募集です!

お見逃しのないよう、また、おもしろがってお付き合いいただける方のご参加をお待ちしています。

・・・・・・・・

ピクニックに行こう!が合言葉のこども食堂も、只今情報収集&誰でもできるこども食堂の仕組み作りを構築中。

 

 

(´▽`*)

 

Webコミュニティ【ゆるピク】のススメはコチラから。

yurupic1

 

イベントなどの最新情報をチェックしていただける方は、Facebookページへのいいね!をおススメします。

ピクニック365カフェFacebookページ

 

こちらのホームページもお気に入りに追加してもらえると、ひとみおばあちゃんは、もう垂れきれないほど目じりが下がります(笑)

この記事!
いいねしてくれたらうれしいです!

The following two tabs change content below.
miyagishima hitomi
4人の子育てで培ってきたお母さんというスキルを発揮できる新たな舞台、親子カフェ「ピクニック365カフェ」開始! プラス小学校PTA事務とフリーランスのWebデザイナーも継続中。 2017年4月には、アクセスバーズ™プラクティショナーとしても活動開始! パソコンWEB大好き~!WordPress大好き~♡
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です