ブログとホームページが同時にできちゃうWordPress講座はこちら

   

ブログのプロフィールで注意しておくこと

 

ブログにプロフィールって必要?

私は最初そう思ってました。

でも色々見たり聞いたりしていくと、やっぱりあった方がいい。

それは何故か。

 

もし私だったら…という視点で考えていこうと思います。

では、スタート。

 

プロフィールの必要性

 

プロフィールって、必要ある?って、最初は思っていました。

でも、よくよく考えてみると、自分もどこかのブログを読んで共感した時には、

「この記事を書いた人がどんな人なんだろう?」

と思い、プロフィールがあるかなぁ、経歴があるかなぁって探しに行きます。

そしてプロフィールのページがあれば、なお安心してそのブログ内を読み進めることができます。

 

そういった意味で、プロフィールと言うのは意外と忘れられがちなんですが、とても重要。

実際のところその、ブログの核心的な、ベースになる部分になるじゃないかなと思います。

 

ブログ内を楽しい気持ちで回ってもらえるようになるには、Webとはいえ、信頼関係がフワッとできるのも事実。

 

せっかく一生懸命書くのですから、信頼に値することを書き、そのまま信頼関係が続くように気持ちをつないでいくには、どうしたらいいでしょう。

 

それは、きっと、プロフィールで、ありのままの自分を書いて「共感」を作る以外ないと思います。

 

 

ではその「共感」を作るプロフィールの書き方について、気をつけておいたらいいと思う事を、書いていこうと思います。

 

 

「共感」を作るプロフィールの書き方

 

まずは「自分の名前」を出せるようでしたら出したほうがいいと思います。

出せないようならわかりやすいハンドルネーム、ニックネームを。

顔出しもできれば覚悟を決めて。

できなければイラストにしてもいいし、覆面を被るのもいいかもしれません(笑)

 

そして「年齢」または、「生まれた年」を書いてもいいですね。

「〇月〇日生まれ」、でなくても「〇月生まれの〇座」とか、読んでいる人との共通点が生まれそうなものを項目としてあげておくといいと思います。

〇〇で生まれて〇〇〇〇育って、今現在はここにいます。

「生まれた場所」や「住んでいる場所」が、一緒だったらなんとなく親近感がわきます。

 

既婚・未婚?

子どもいる・いない?

どんな仕事してきた?

趣味は何?

家族構成は?

好きなものやこと、嫌いなものやことは何?

出身校はどちら?

これまで行った旅行先はどこ?

好きな言葉は何?

 

このように、共通点が多くありそうなものをポンと置いておくと、親近感や信頼感を生む材料になります。

プロフィールの冒頭は、そういった意味で重要だと思います。

 

 

挫折や失敗を盛り込む

 

私が共感できるなぁって思えるプロフィールというのは、きれいなことが、きれいな言葉で、さらっと書かれているプロフィールというよりは、

 

いろんなことがあって、「たくさん挫折もあったけれど、こんな努力をして今があるよ」

 

と言うふうに、乗り越えてきた経験がそこに書き記してあったりする泥くさい系。

または、今苦労の真っ最中だけど、がんばっている系!

 

という風に、はっきりと書かれていることがいいと思います。

飾られた言葉には、やはり共感を生む力はないと思います。

 

今現在、このお仕事に至るまでの間に、いろんな経験をして今に至っていると思います。

今時点から少しと前の事ですので、そこにたどり着く前の事と、また更に、そのことから少し前の事…という風にさかのぼっていって、ここだと言う原点。

 

そこを探します。

必ずあるはずなんですね。

そこをビシッと、書き記していきます。

 

なかなか、さかのぼれないなぁと思ったら、まずは自分の履歴書を書くように、やってきたことを書きます。

それはお仕事だけでなく、何かを始めたということも、どんどん書いていきましょう。

その途中にあった家族の変化とか。

離婚・死別・家出・借金・リストラ・病気・・・・などなど。
ネガティブな言葉ですが、何かを考え直すターニングポイントになっていることに間違いないので。

 

ではまず、生まれたところから。

 

例えば、子どもの時のトラウマからそれを解放するために、今こういう「○○ということ」をしているという場合は、子ども時代までさかのぼったほうがいいと思います。

もしかしたら、同じような思いを経験してされている方もいるかもしれない。

 

そしたらこの人の話もちょっと聞いてみたいな。

乗り越えたなら私も乗り越えられるかな。

 

というふうに、共感を生んでいくと思います。

 

特に子ども時代のことが原因で、今の仕事につながっているというわけでなければ、大人になってからの経験を思い返しながら、○歳の時は何をしてたなぁとか、まずは書き出してみましょう。

 

実績を数字化して、「やる資格」があることを表す

 

この仕事をやろうと思うには何か根拠があって始めました。

そうなるために、自分自身が「どれぐらいの日数」、「どれぐらいの回数」、「どれぐらいの時間」を費やしてきたのか、数字で表してあげると説得力のあるプロフィールになると思います。

 

 

 

未来予想・未来妄想を書く

 

さて。

何とか現在までたどり着いたならば、今後ご自分がどういう風になっていきたいのか、それを書き記しておきます。

目標、ビジョンなどですね。

未来のことなのでどんなことを書いてもいいと思います。

もちろん、その未来の目標のために今までやってきているという前提なので、「宇宙に行く」とか突拍子もないことではなく、地に足をつけてリアルに頑張ろうと思っていることを、未来の自分に向けて「宣言」するようなことです。

 

その内容が「自分のため」と言うよりは、誰かのお役にたつため、「貢献」というところにポイントを置いて、未来の構想が練られているといいですね。

 

 

プロフィールを書くということは、自分と向き合う骨の折れる作業

 

言うのはとても簡単で、このプロフィールを書くという作業、とても骨の折れる作業になります。

だって、自分の今までを振り返ることですから。

戻りたくない過去もあったりします。

一旦は、その時代にも向き合わなければいけないのです。

 

ですから、「そういうこともある」という風に「心を決めて」「ありのままの正直な姿」を文章に落とすしたらいいと思います。

時間はかかると思います。

 

プロフィールを書くという事は、自分自身と向き合うということ。

 

時間をかけてダラダラと作るよりは、もうこの日1日どっぷり自分と向き合う!と決めて、1日で書き上げてしまうのがいいかもしれません。

一度、書き上げてしまったものを、「文章はこういう風な書き方がわかりやすいかな」とか、そういうふうに校正していく作業は何日かけてもいいと思います。

 

ただ、原文を作り上げる時間は、1日で終わらせるようにしたほうが、身のためだと思います。

 

 

音声入力を使って効率よく書く

 

これを最初からきれいに書こうとすると難しいので、一旦録音などしながら一度聞いて書き起こしてみるのもいいですね。

 

私は書き起こすのが面倒なので、音声入力機能を使って、ある程度言葉を文字にしてもらっておきます。

 

精度が高いとは言えませんが、1から書くよりは手間が省けます。

しゃべりながら音声入力もできるので、おすすめはしませんが、車での移動中、口ずさむように書いています。

というか、独り言のようにしゃべって記録しています。

 

簡単にできるツール

 

 

私は、LINEのグループ機能を使って、「一人グループ」を作ってあります。

そのトーク画面を使って、マイクマークをタップして話をしだすと、その言葉に合わせてテキストに変換されていきます。

先に言いましたように精度は完全ではありませんが、かなり忠実に漢字変換もしてくれます。

書く時間がない!なんて言わずに、そういうツールを使ってまずは、原稿のもとになる記事を話しながら作るという方法もあるのでお試しください。

 

 

その方法

    ↓

    ↓

 

かなり、長い喋りにも対応しているので、お試しください。

時間のない人ほど重宝するやり方だと思います。

 

【厳重注意】 運転中は気を付けてお使いください。

 

 

ブログは世界とつながっている

 

 

自分で発信することで、自分自身が自分って何者かはっきりしてきます。

実は、それが一番価値があることかもしれません。

自分って何者?ってこの作業をしないと、いつまでもハテナのループがついてまわります。

これは、私がそうだったので実証済みです。

まずは、プロフィールを作ることから始めましょう。

そして、自分の目指すゴールを、「未来を」明確にして前に前に進みましょう!

 

 

この記事!
いいねしてくれたらうれしいです!

The following two tabs change content below.
miyagishima hitomi
4人の子育てしつつ、2人の孫も育て中。 Webがわかる・デザインができる・ブログを楽しむオンライン式「ピクニック365カフェ」として、2018年4月再生! そして、小学校PTA事務も継続中。 アクセスバーズ™プラクティショナーとしても活動中! パソコンWEB大好き~!WordPress大好き~♡
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です