ブログとホームページが同時にできちゃうWordPress講座はこちら

      2018/10/29

ブログ初心者が見ておくべきアクセス解析5つのポイント

 

アクセス解析と言えば、Googleアナリティクス。

そこには、ありとあらゆるデータが蓄積されていて、すべてを理解するには時間がかかります。

特にブログを始めたばかりの方が最初に全部を知る必要はないと思います。

 

また、「アナリティクスのデータ」のことを言っても、何それ!となってしまうので、まずは書くことに慣れましょうね!ということが優先されると思います。

 

ですから、少し書きなれてきた~と思った方のみ、ココからお付き合いくださいね。

 

 

アクセス解析とは

 

アクセス解析(アクセスかいせき)は、ウェブサイトの運営者が閲覧者の環境・特性などを調査すること、またはその機能のことである。

アクセス解析は、アクセスログ解析ともいう。ウェブサイトへのユーザの様々な主にウェブページへのアクセス手段を収集・解析するものである。

アクセス解析の手法は3つある。

1、ウェブサーバのログを集計するサーバログ形式

2、タグ、ビーコン、クリアジフと呼ばれる透明な画像に見せたプログラムCGI・JavaScriptを、サービス提供者からレンタルしてから、HTMLタグを貼り付けて機能するウェブビーコン方式

3、ネットワーク上のパケットを取得(キャプチャ)してつなぎ合わせてアクセスログを生成するパケットキャプチャ方式

がある。

一般的なのはGoogleアナリティクスを筆頭とするウェブビーコン方式だが、サーバログ方式やパケットキャプチャー方式のようにHTMLタグが必要ないサービスもある。

訪問者の環境の傾向を把握し、それに適したサイトデザインにする事や、コンテンツごとの履歴を解析する事によって、サイト内のコンテンツの人気・不人気を把握することに役立つ。

 

と、ウィキペディアにあり。

むつかしい。。。

 

一般的にはGoogleアナリティクスを読み取ることと理解していただければいいと思う。

 

Googleアナリティクスには、ありとあらゆるデータが蓄積されていて、すべてを理解するには超専門家の知識をお借りするのがいいと思います。

 

こちら、絶賛わかりやすいGoogleアナリティクスの本。

 

 

7月23日しずスタ2回目ご登壇されます。

ご興味のある方、詳しくはコチラ。。。。。

 

とは言え、まずはチャレンジ精神で取り組んでいただきたい思いから、初心者でもここだけは押さえておきたいポイント5つ伝授します。

 

 

初心者が押さえておきたい5つのポイント

 

昨今、言われていること。

アクセス解析は、

「何で見られているか」、

「どこから来てこのページにたどり着いたか」、

「一番最初にみたページ」、

「通過していった経路」

を知ること。

 

この情報を知るために、アナリティクスの画面を触っていきましょう!

 

※( )内は、アナリティクス画面左メニューの項目です。

どれだけ人が来たか(ユーザー→サマリー/セッションとページビュー)

月間PVなんて言ったりしますね。

基本、1週間のデータ閲覧になっているので、画面右上の期間で、過去30日として見てみましょう。

サマリータブ下に、セッション・ページセッション・ページビュー・ユーザー等々選べるので、触ってみましょう。

セッションは、来てくれた人の数。ページビューは見られたページの数。1人は3ページ見て帰ったなら、セッション1でページビュー3ということになります。

 

どれくらいの人に見ていただいているのか知ることで、励みになります。

 

 

ユーザーのデバイスを知る(ユーザー→モバイル→サマリー/デバイス)

どんなデバイス(PC=デスクトップ・スマホ=モバイル・タブレット)で見られているか。

そのページの特性から、PCからの閲覧が多いのか、スマホからなのか。

これを理解することで、見られているデバイスにあわせてサイトの改善をしていくべきなので、知っておきましょう。

 

 

どうやってこのサイトに来たか(集客→すべてのトラフィック/チャネル)

どうやってというのは、検索なのか、直にURLを入力したのか、広告なのか、SNSからか。

例えば自然検索の場合と、SNSとだったら、その知り合い度が違います。

自然検索と広告でもその購入やお問い合わせへの意欲が違うはずです。

 

フラッと立ち寄ったのか、興味が最初からあってきたのか、ではユーザーの質が違います。

それにより、呼びかける言葉や情報が違ってくるはずです。

 

どこから来たかを知りましょう。

 

 

一番最初に見たページはどこ(行動→サイトコンテンツ→ランディングページ/入口)

ランディング、降り立つという意味のページ。

そのページの印象いかんで次のページへ進んでもらえるか決まるので、ランディングページを大切にしましょう。

初心者が思いがちなのは、ホームページなんだから、ホームとかトップページが最初のページでしょ?って思いがちです。

私も最初はそう思っていました。

 

ブログがすごいのは、そのブログの内容によりそれがランディングページになって、本体のホームページへ誘導できるということ。

 

ブログはホームページへつなげるための撒き餌さのようなものなんです。

だからとても大切。

 

「え?このページですか?」

って結果な私のホームページ。

 

私の場合のホームのページは3番目の着地点。

 

1番と2番、そして4番目以降もすべてブログです。

ナビゲーションページへ降り立つということは、ほとんどないようです。(笑)

 

改善の余地がまだまだたくさんありそうです。

「そういったデータから、1番2番のページをメルマガ登録につなげるように最適なものにしていく必要がありますね」

と自分に提案してみる(笑)

 

 

ゴールにたどり着いているか(コンバージョン・目標・サマリー/目標達成数)

これは、設定しないと導き出せないので、すぐに設定を!

コチラを参考に。

 

問合せページにたどり着いたことをゴールにするのか、はたまた、メルマガ登録のページか。

それとも、滞在時間を目標とするのか。

 

それは、あなたのサイトのゴールをどう見極めていくかということにかかっていますね。

 

良質なコンテンツが、今一番求められているSEO。

 

だとすると、その条件の中に滞在時間が長いこともあるので、滞在時間●分以上などという風に目標設定してもいいですね!

 

ホームページ・ブログですべきこと

それは、良質なコンテンツだという証明。

 

だとすると、滞在時間の目標は、成果やモチベーションにつながるかもしれませんね。

 

そして、わかりやすい。

 

問合せページだった場合、実際に送信完了したことを目標設定にすると、最初のうちは、驚くほど問い合わせがないので、つまらないかもしれません。

 

「ブログ初めてさん」には、滞在時間の目標設定をおすすめします。

 

設定等、わからないことがあったら聞いてくださいね!

 

聞いてみる?

 

深すぎるGoogleアナリティクス

 

5つのポイントをお伝えしました。

もっと言うと、

何曜日の何時頃によく見られているとか、

どこの国で見られているか、

男女比とか、

年齢層とか、

どんなキーワードで検索されたかとか、

2ページ目はどこを見たかとか、

離脱ページがどのページだとか、

いろいろわかります。

 

Webで、一足飛びにできることはそうそうありません。

リアルな日常でもある毎日のコツコツと積み重ねた信頼が、やはりWebでも活かされると思っていた方が賢明です。

 

バズは狙わず、コツコツと音がするくらい、前だけ向いてブログ更新しましょう!

 

うさぎとカメの寓話で、カメが勝ったのは、わき目もふらず、前しか見ていなかったから。

「わき目もふらず」「誘惑にも負けず」頑張った先には、間違いなくあなたの目指すゴールが待ってますから。

 

まずは、月間1万PV目指します!

 

この記事!
いいねしてくれたらうれしいです!

The following two tabs change content below.
miyagishima hitomi
4人の子育てしつつ、2人の孫も育て中。 Webがわかる・デザインができる・ブログを楽しむオンライン式「ピクニック365カフェ」として、2018年4月再生! そして、小学校PTA事務も継続中。 アクセスバーズ™プラクティショナーとしても活動中! パソコンWEB大好き~!WordPress大好き~♡
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA