ブログとホームページが同時にできちゃうWordPress講座はこちら

      2018/07/15

ブログのテンプレートやカラムの考え方について

 

ブログのテンプレートやカラムの考え方についてお話しします。

テンプレートのことを、WordPressではテーマといいます。
無料で使えるテーマから、有料のテーマまで。

また有料の中でも、1個人が何サイトにも使っていい場合と、1サイトだけOKとか、2サイトまでOKなど、使い方の枠にはいろいろあります。

また、カラムというのは、エクセルでいうところのA列とかB列とかいう縦の列のこと。

そういうイメージをしてもらうと、ホームページのレイアウトのことをいう時に、○カラムレイアウトとか言ったりします。

2カラムって2列、3カラムって3列ということです。

 

テーマ選びやカラムレイアウトはどうしたらいいか、考えていきます。

 

 

テンプレート(テーマ)選びのコツ

 

まずはテンプレート。

 

今は、無料で作れるようなブログだったりホームページには必ずテンプレートというのがあります。

1からコーディングと言ってhtmlのソースを書くような事はしなくても、形として出来上がっていて、文字を入力したら、装飾をつけたり画像で遊んでみたり。

簡単に実装できるように、テンプレートが用意されてます。

 

自分のサービスやブログを書こうと思った時に必要な事は、「そのサイトにどんな情報を盛り込んでいこうか」ということを考えることです。

ブログで稼ごうと思っているなら、アドセンスの広告がすぐ実装できるようなウィジェットが用意されていたり、読者の皆さんの行動喚起のために、記事下CTAのウィジェットが用意されていた方が便利です。

 

 

おそらくそのホームページやブログを作ろうと思うときには、自分が理想としている、または気にいっている別のサイトがあったりしませんか?

 

その気に入ったサイトが、「自分がやりたいと思っていること」が詰まっているピッタリのサイトだったら、その構成を真似してみるというのも1つの手です。

 

そして今自分でコーディングと言ってソースを書く必要がない仕組みが大半を占めてますので、その中でその自分が想い描いたサイトの構成にピッタリなテンプレートを選んでいきましょう。

 

テンプレートはこのように、使いたい形に近いものを選びます。

 

そうは言っても、今現在の状況を考えるとPC用のデザイン優先で選ぶよりは、スマホタブレットにしたときのデザインがどうなっているかというのも見る基準にする必要があります。

 

 

Picnic 365 Cafeの場合

 

実は私のこのサイトもともとは飲食店で始まっていますので、現在のウェブ・デザイン・ブログというところとは真逆の内容になってます。

 

ですから今のサイト内ブログは、様々なコンテンツが混在しています。

とても読みづらいので、なんとかしたいと思いつつ、改善中。

 

サイトを立ち上げて丸二年、その間、ホームページ・ブログを育ててきたおかげもあってドメインパワーというのも一緒に育っています。

 

独自ドメインのホームページ・ブログというのは育つものです。

 

 

ドメインパワーのこと

 

何を持って育つと言う基準を作っているかというと、まずそのドメインのパワーの大きさ。

ドメインパワーが強くなると検索にも有効。

ですから、自分のWebサイトは、無料のツールで作るよりは、独自のドメイン(URL)で運営していくのがいいと思います。

ちなみに、ドメインパワーを育てるためにする5つのこと。

 

1.更新頻度を上げる

2.検索キーワードに見合ったコンテンツを創る

3.記事数を増やす

4.文字数を増やす

5. 関連性のある内部リンクを増やす

 

ドメインパワーを調べるサイトはこちら

ちなみに、100分の〇〇というふうに指標が出ます。

検索上位表示のためには、100分の20が目安だそうです。

 

2年運用している私のサイトドメインパワーは100分の17でした。

確か1年位前にドメインパワーを測ったときには13でした。

 

ですから更新しているという事は、そのドメインが強くなると言うことも確実にわかっています。

そんな状況で中身をわかりやすくリニューアルする勢いで、書き換えていこうと言う挑戦をしている真っ最中です。

 

 

独自ドメインへの愛着

 

せっかくドメインパワーが「17」まで育っているので、このpicnic-365-cafe.comというドメインに、とても愛着があります。

もちろんカフェとしての実態は無いので、カフェと名乗ることに少し抵抗はあります。

でも。

よくよくドメインを見てみるとピクニックの「P」、カフェの「C」が、ドメインの一部を構成しています。

「P」「C」、PC・Webサポートにつながっているようです。

なんとも偶然的に、今のやっていることにしっくりくるドメインです!←言い切る!!!

 

2018年4月にカフェ事業を撤退し、もともとRAstyle Designという屋号で、Webデザイナーをやっておりましたのでそちらの方をメインにしていこうかと思ってました。

 

よくよくピクニック365カフェと言う文字列を見ていたら、そういうふうにパソコン関係にそのまま使っても私の中ではいいじゃん!これでそのまま行こう!と言う発想になったので、このドメインをどんどん育てていこうと言うふうに決めることができました。

 

そういうことで今カフェ時代とは内容が異なっているため、どのようにサービス展開していこうかと悩んだ末、ブログでコンテンツ配信を定期的にしていくというふうに切り替えている真っ最中です。

 

 

 

カラムは2つでシンプルに。

 

毎日ブログ更新が可能なのは、もともとわたし自身がWebデザイナーでありながら、ブログを書くと言うところに注目していたところから始まっています。

ワードプレスでこのサイトを立ち上げた時に、選んだテーマは今は有料の「エレファント」。

もちろん、ブログが見やすい形なので、とても気に入ってます。

そしてもちろん、スマホ対応をしています。

 

グーグルアナリティクスのデータをみると、スマホ対応と言っておきながらPCでもスマホ程ではないですが、よく見られているというデータがあります。

ですから、PCで見たときの見やすさも配慮するための1つのポイントになります。

 

数年前のときにはカラムと言うと、3カラムが主流だったと思います。

左サイド右サイドにサイドバーがあって中央にコンテンツエリアあるような形です。

 

PCの全盛期だったので、そういうふうにメニューを見やすく、情報の置き場所、エリアを決めることで、情報が点在せずに、見やすさへの配慮をしていた3カラム。

 

今はPCよりもスマホの方が見られており「レスポンシブ」と言って、PCで見る画面とスマホで見る画面に変化がつくようなテンプレートが主流にはなってきています。

その時には、2カラムで対応ができるわけです。

 

今は情報がたくさんありすぎて、選ぶのが大変。

そういう時こそ、検索の技術を向上させると時短で、ほしい情報にたどり着けるようになります。

 

だからこそ、情報を発信する側のレイアウトやテンプレート(テーマ)の見やすさはこれから重要になってくるはずです。

 

 

まとめ

 

WordPressの場合、テーマの着せ替えができるという利点がありますが、そうはいっても実際には、多少のレイアウト崩れがあったりします。

そういうテーマの着せ替えがスムーズにできるようなアップデートもあったり、プラグインがあったりします。

結局、見た目のわかりやすさは、ユーザーのためですが、検索エンジンのためにはテーマなどはあまり関係ありません。

そんなに重要ではないという意味です。

大事なのは、何が書いてあるかということ。

 

3カラムでも、2カラムでも、シングルロングページでLPみたいな1カラム仕様でも、なんでもいいのです。

 

大事なのは中身。

書いてあることが、検索キーワードの答えになっているかということ。

 

デザインは、あとからで大丈夫。

 

見やすい形を優先にして、実装したいことができるテーマに出会えますように!

 

 

 

 

この記事!
いいねしてくれたらうれしいです!

The following two tabs change content below.
miyagishima hitomi
4人の子育てしつつ、2人の孫も育て中。 Webがわかる・デザインができる・ブログを楽しむオンライン式「ピクニック365カフェ」として、2018年4月再生! そして、小学校PTA事務も継続中。 アクセスバーズ™プラクティショナーとしても活動中! パソコンWEB大好き~!WordPress大好き~♡
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA